逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

さらにアクセルは踏み込まれた

その国には、その国の国民に相応しい政府ができる

政治について「考えたことがない」、「考えられない」などではなく、「考えたくない」という国民の本質が
とうとう如実に出てしまった今回の総選挙
もっとも民主的な方法で、もっとも専制的な政体が国民によって支持される形となった
「個人の権利なんてもうどうでもいいから、何も考えなくていい社会を」といったところなのだろうか
やはりこの国には、こういった政体こそが似つかわしいということなのかもしれない・・・

破滅路線はさらに継続
いつまでもこの路線に走れるレールが残されていると思うのは大間違いだ
もうすぐそばまで来ている統制社会に軍靴の音
郵政民営化などという目くらましのなか、いったいどんなことが与党によって行われているのか、
すこしでも理解している連中はいるのだろうか?

大幅増税、9条改正、愛国教育、DNA・個人情報管理、劣悪な東アジア関係・・・

ダレにもやさしくなく、隣人を常に猜疑の眼で見る時代の到来
夢もへったくれもない、暴力的社会への切符がとうとう発行された

[PR]
by AMNESIac7 | 2005-09-12 19:00 | ケイオス-フィリア