逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

そうすることの意味について

たとえば他人に対してつくる笑顔について
 おそらく2・3歳児でも本能的に気づいている
  そうすることによって続く、そのあとの世界のことを

女の笑顔 3人ほどによる笑みの競演
 なにを求めての笑みなのか
  もちろん3人もいれば、腹の底からなんてことはまずありえまい

より高度な技術を持つ者あり
 あえて無防備の状態をさらす
  どうせすべてがだましあいなら、せめて高度なバカ試合を

事実を捏造することは不可能
 だが、真実ならば、いくらでも偽造できる
  問題となるのは、造りだされた真実のもつ色次第といったところか

人間の脳の問題
 それは長所でもあるが、短所であることのほうがやはり大きい
  記憶は常に改竄され、過剰なまでの自己肯定へと向かう
   脳記憶には常に勝手な編集が加えられつづけているためだ

他者をだますためにそうすることは、
 いつしか自分の記憶をも干渉し、狂わせる
  半ば無意識、されどカンペキなる確信犯

そうすることの意味、他者をと単純にいうよりも、
 他者のひとりである自分をだますことにこそ、
  その意味は大きくかかっているのかもしれない
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-31 18:09 | 雑記・雑感