逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

・・・ひさびさ登場? ブチ切れ男爵

そこそこ攻撃的な性格だけど、ブチ切れることは年に1回あるかないかくらいのあむ太郎
ですが、きょうはかなりヤバイくらいに切れそうになった事件がひとつ

きょうは、いつも行く問屋さんでイマイチ良い商品を仕入れられなかったので、
ひさびさにもう1軒、大きな総合卸問屋へと行った
こちらの問屋は、お笑いにたとえるなら(いつも行くほうが吉本として)松竹といったカンジで、
どうも小粒なクセにお高くとまっている、といった印象を受ける滅多に行く気のしない問屋だ
実際、きょうもろくすっぽ良い商品がなく、パンツとスカート1本ずつしか仕入れるモノがない、
というていたらくぶり
多少、失笑しながらも清算を済ませ、フロントで入るときに預けた荷物を引き取る
_と、このとき事件は起こった

入店時に受付にいたねぇちゃんとおっさん
ねぇちゃんのほうが食事かなんかで交代しており、おっさん2匹で門番していた
預けていた荷物を受取るために、預かり証をおっさんに渡し、荷物がやってくる
・・・・・・・ん?・・・なに?・・・ぁん?
運ばれてきた荷物は、その前に回った問屋での商品を入れた大袋2コなわけだけど、
これには当たり前だが手提げのハンドルが付いている
なのでそのハンドルは、カウンターに垂直面に立っているか、ボクのほうに向けられているのが、
ごくごく当たり前のはずだ
しかし、今回はなぜか運んできたおっさんのほうにハンドルがしなだれたまま放置
カウンターに置く動作も緩慢かつ、乱暴だなぁと思っていたら、
ガスッと置いたままの状態で、すぐさま横のおっさんと女子中学生みたいに談笑をはじめた
この際、「ありがとうございました」とか、なんのことばひとつなく、即行での素無視に突入
滅多にキレることのないボクのブチ切れリミッターが、いきなり許容量の限界近くをさし、
エマージェンシーのアラームが頭のなかを鳴り響く

このゴミクズみたいなおっさん、年の頃なら団塊世代だろう
ひょっとしたらこんな歳になって、左遷でフロントマンになったのかもしれない
しかし、腐る気持ちがあったとしても、それは経営者側にのみ向けられるべきであって、
ぜったいにお客の前で見せていけない態度である
こんなことは、いまどきのアルバイトを始めたばかりの高校生だってわかっていることのはずだ
だが、このおっさんはなんにも考えていないこと、まちがいはない

これは些細なことで、ボクがブチ切れ寸前になるのは、すこし辛抱足りないんじゃないか、
と感じるひともけっこういるだろう
だけど、すこし考えてみてほしい
もし、アナタがコンビニに行って、これと同じような態度の店員と出会ったとしたら、
いったいどうでしょうか?
ボクならもちろんこちらに袋の取っ手が向けられるまで商品は受取らないし、
気づかないようなら「ちゃんとこっちに向けろ」というだろう
今回も、横の玄関のウインドウでも叩き割って、説教してやろうかとも思ったけど、
さすがに倍近く年上のおっさんを若い兄ちゃんが説教するのも、それはそれで問題なので、
ここはぐっとガマンしたのだが、いま思えば、やはりあの場で注意くらいはしてやったほうが良かったかな、とも思ってしまう
そもそも、こんなバカを雇い続け、しかもフロントに置いている時点で、
この問屋の未来は、もってあと2・3年といったところだろう 
さっさとつぶれちまえよ、こんな問屋! 2度と行かん

団塊の世代は、たしかに多くの偉大な人間を輩出した
だがしかし、それは同時に絶対的な数の問題から、今回みたいな社会のゴミクズでしかない
ような連中もやはり多く排出している
こんな無能なゴミクズ連は、定年を待たず、さっさとクビにしてしまうべきだ
こんな連中のために、前途ある若者たちの雇用の枠が減らされているのかと考えると、怒髪天を衝き、苦虫を噛み潰す思いである
この程度のこと、ダレかにわざわざ習わなくても、ふつうに生活していれば身につくことだ
ボクは、「できない」人間を否定する気はさらさらないが、「できるのにしない」人間には、
まったくもって容赦してやる気にはなれない
ゴミクズのくせしやがって、いっちょ前に50代の大人を気取る 
50代じゃないけど、なぜかイシハラ、コイズミ、ハマコー、ミヤケ、タカジン、カミヌマなんかのことも思い出して、なんか二重に腹が立った事件でした
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-07-22 20:07 | 日記