逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ホメラレ(イレギュラー)

ひとはダレしも誉められれば気持ちが良い
気に入らない、というひとも、それは誉められ方が気に入らないだけであって、
誉められたいという願望は必ずある

_と以前、このような趣旨の発言をこのブログでさせていただいたような記憶があるんだけど、
これにはとんでもないひとりの例外さんがいたことを失念していました
それは、なにを隠そうこのわたし、あむ太郎そのひとであったりしますw
(このブログ、断想通のみなさまは、すでに薄々感づいていたひとも多いことでしょうw)
ボクは、実のところ猜疑心のとても強い男で、いつもひとのことばを素直に聞かず、
その「裏」ばかりを追いかけてしまう
「このひとはボクを誉めることによって、いったいなにを求めてくるつもりなのだろうか?」
こればっかりですw
なにか頼みごとがあるに、口説く布石、なんともはや・・・です
ボクという人間は、いつも自由気ままで、ひとのペースには極度に付き合いたがらない、
とんでもない一匹狼気質でして、それがたとえ友人などからの誘いであっても、
人の付き合いというものを無視する傾向が強い
「なんだよ、おまえ」と怒鳴りつけてやりたいところだが、
それがあむ太郎の性向というものなのだから仕方がない(ことはないだろw)
万事ゴーイング・マイ・ウェイなわたす 巧みです(ぁはん?w)

わたすが誉められるのを素直に甘受するに任せらる相手とは、
信頼している相手というよりも、わたすがハメられても別にいいよ、と思っている相手だけ
まぁ、ボクが普段からどうしようもなく好もしく思っている相手だけ、ということ
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-07-12 20:22 | 雑記・雑感