逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

事件・事故におけるマスメディアの報道スタイルについて

以前にも書いたような気もするが、名前がAMNESIac(記憶喪失者)7なだけに、調べもせずに書いてみる

連続して発生、発覚する事件には大きく分けてふたとおりある
捜査の目が一気につまり、大量に発覚・摘発されるパターンと、マスメディアによるその手口・手法の公表から「その手があったか」「おれもなんなら・・・」と誘発されるパターンとである
今日において、事件の連続的発生は、マスメディアによる誘発がその大半を担っているのではないだろうか

近年発生したオレオレ詐欺、練炭自殺などは、マスコミ誘発型のわかりやすい例ではないだろうか
オレオレ詐欺にしても、練炭による自殺にしても、その手法はマスコミによって連日丁寧に伝えられた
彼らは「前もって視聴者にその手口を伝え、事件に巻き込まれないようにする義務がある」とのたまうが、なんでもかんでも公表するバカさ加減から、集団自殺においてはその責任を負うところが大だろう オレオレ詐欺についても、マスコミで騒ぎ出してから、その被害は加速度的に拡大していった 
視聴者に前知識を植えつける前に、犯罪者たちにそのやり方を教唆し、結果としてトレンド犯罪へ変貌させたのだ
犯罪などにも流行があり、そのトレンドはマスメディアによって作られている

-無責任な事件報道について-
マスコミのもうひとつの罪、事件の報道の仕方について
マスコミは、事件が発生し、犯人が逮捕されると犯行の動機について「ああだ、こうだ」と勝手に無責任に騒ぎ立てる
つい最近の学校を襲撃した少年についても、やれ引きこもりだ、ゲーム脳で前頭葉が異常にちがいない、とか本当に好き勝手にやっていた
こういった事件の原因は、おおよそが複合的な要素によるものであろうにも関わらず、なぜか断定的に核心をついている説かのようにドコも自信満々に自称・専門家に語らせる
もちろん視聴者が、理解できない事件に対して「なんらかの理由」を無理やりに求めているという、ニーズに合致した報道の仕方なのだろうが、これもやはりバカなやり方だ
じっくりと長期的なスパンで事件を追いかけず、即物的に処理しようとするそのスタイルは、結果として何も伝えていないのといっしょで、単なる偽薬を高いカネで売りつけている詐欺のようなものだ
事件の真相、犯人の動機は、事件と近すぎると犯人自信にもはっきり見えないことが多いのだから
太陽のそばでその手相なんかを見ようとしても、全体的にボケてて何も見えないのに似ている
時間をおいて、ぽつりぽつりと出てくることばに、ようやく事件への犯人の実感が漏れてくるだろう
「ムシャクシャしてやった」も、マスメディアが犯行者たちに与えた紋切り型のセリフだ

この国のマスコミは、まだまだ成熟度が足りていないどころか、根本的ななにかが欠けているように思える
この国の資本主義的報道の姿勢は、被害者も加害者も視聴者すらにも毒を撒き散らしている
被害者ならこどもであっても集団で取り囲み、取材、取材・・・
事件に分かりやすい手口あれば、なんでもかんでも公表・暴露・・・
意味を成さない推論を断定的にビシバシビシ・・・
すべては即物的で刹那的だ
彼らは、迅速に伝えることによって何も残さない、という奇妙なカジュアル感に蝕まれている
思慮深さが欠片も見えない墓場のお祭り
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-02-24 21:23 | 雑記・雑感