逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

学校の防犯について

突然の暴漢の出現があった場合、こどもを守らなければならない先生たちは、いったいどういった対処したらいいのか
最近、学校で起こった乱入ものは、そのほとんどが刃物による殺傷だ
ひとは突然ナイフなどを自分に向けられた場合、往々にして身をすくめて震えるあがるだけだが、相手が刃物を右手に持っていた場合、どちら側に避けるのがよりリスクを減らせるか、などを知っていれば、心理的にもすこしは落ち着いて対処できるのではないだろうか
この場合、ボクの勝手な想像だが、相手が刃物を持つ外側の方向に避けるほうがリスクをより減らせるのではないかと考える _というのも、刃物は向って身体の内側方向に振るときのほうが力を加えやすく、外側だと力が内側に向けるよりもかけにくいだろうと判断するからだ おそらく外側に避けるほうが致命傷を免れる確率は高くなるのではないだろうか
まずこういった心理的な余裕を持つことは、それがたとえプラシーボ効果であろうとも危機的状況に陥った場合、重要になってくる
そういった余裕が暴漢への冷静な観察を持つ機会を得、的確な対応ができる可能性が増すのではないだろうか
たとえば足の向きや重心の位置であったり、彷徨う視線がドコに向っているのかであったり、を観察することによって、さらに先生方の生存率は高まるように思える
こういう危険に対する対処法を前もっていくつか専門家などがレクチャーしていけば、先生たちが暴漢をどんどん取り押さえ、しまいには学校を襲撃しようなんて輩がいなくなるなんてことはないだろうか
そんなことをふと思った さっきメシを食っていて・・・w

(できれば取り押さえる方法もダレか教えてほしいね 刃物にはおそらくおびえて背を向けるのがいちばん危ない対応だろうから、なんなら向っていってケガを最小限にとどめたいものです)
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-02-20 22:03 | 雑記・雑感