逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NHK教養番組に政治介入

< NHK番組に中川昭・安倍氏「内容偏り」 幹部呼び指摘 >
 01年1月、旧日本軍慰安婦制度の責任者を裁く民衆法廷を扱ったNHKの特集番組で、中川昭一・現経産相安倍晋三・現自民党幹事長代理が、放送前日にNHK幹部を呼んで「偏った内容だ」などと指摘していたことが分かった。NHKはその後、番組内容を変えて放送していた。
 この番組は「戦争をどう裁くか」4回シリーズの第2回として、01年1月30日夜に教育テレビで放送された「問われる戦時性暴力」。00年12月に東京で市民団体が開いた「女性国際戦犯法廷」を素材に企画された
 ところが01年1月半ば以降、番組内容の一部を知った右翼団体などがNHKに放送中止を求め始めた。番組関係者によると、局内では「より客観的な内容にする作業」が進められた。放送2日前の1月28日夜には44分の番組が完成、教養番組部長が承認したという
 翌29日午後、当時の放送総局長、国会対策担当の担当局長らNHK幹部が、中川、安倍両氏に呼ばれ、議員会館などでそれぞれ面会した
 関係者によると、番組内容の一部を事前に知った両議員は「一方的な放送はするな」「公平で客観的な番組にするように」と求め、中川氏はやりとりの中で「それができないならやめてしまえ」などと放送中止を求める発言もしたという。NHK幹部の一人は「教養番組で事前に呼び出されたのは初めて。圧力と感じた」と話す
 このいきさつを巡り、NHKで内部告発をしたのは、当時、同番組の担当デスクだった番組制作局のチーフ・プロデューサー。番組改変指示は、中川、安倍両議員の意向を受けたものだったと当時の上司から聞き、「放送内容への政治介入だ」と訴えている
 番組内容を事前に知った経緯について両議員は「仲間から伝わってきた」などとし、具体的には明らかにしていない

憲法21条 (1)集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。(2)検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない
放送法3条 放送番組は、法律に定める権限に基づく場合でなければ、何人からも干渉され、または規律されることがない

さてこのニュースを読んで、みなさんはどう感じられましたか?
圧力をかけた安部晋三・中川昭一をけしからんと見るか、圧力に屈した(屈せざるをえなかった)NHKを不甲斐ないと見るか
ボクは、どちらも今回の事件の重要なポイントではないと思います
事件の根幹は、まず番組が放送される前にNHK内部から番組内容をリークした者の存在、およびその内容を知って安部・中川を使って圧力をかけさせた者の存在、にあるのではないでしょうか
安部・中川を使い走りにでき、報道局内部にまでしっかりと手管を持つ者、、、となると真の首謀者は、、、(゚ロ゚;)!
放送への政治的介入よりも、こっちのほうが根深い問題ですな(*- -)(*_ _)ペコリ

・NHK特番:自民・安倍幹事長代理らが放送直前に介入?
・「事実関係承知していない」NHK2議員指摘で官房長官


(※以下、1月20日付での付け足し)

第1章の2 放送番組の編集等に関する通則
(国内放送の放送番組の編集等)
第3条の2 放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること。
3.報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること

_これが今回の介入賛成派のひとたちが拠所とする条文です
が、これを施行するにあたって一国会議員たる(コイズミも内閣幕僚としてやったことを認めていない)中川・安部両氏にどれほどの権限があったというのだろうか?
独立した専門機関などで内偵調査してストップをかけたのではなく、番組放送内容を又聞きした程度での今回の介入
そもそも介入はしていなかったという当初の主張は覆された
国会議員、NHK幹部が平気でウソをついた この段階で議論の心証はきわめて片側に傾斜したのも事実である 放送は独立したものであり、その是正は元来NHKに委ねられていたことも付け足しておく(中川氏のことばのとおり)
[PR]
by amnesiac7 | 2005-01-12 20:34 | ニュース