逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

決勝トーナメント1回戦 ドイツ代表 4-1 イングランド代表

恐るべき子供たち!!

エジルにミュラー、なんなんだ、コイツらは!!
新世代のプレイヤーとしか表現のしようがない。技術もさることながら、サッカー・インテリジェンスがハンパなさ過ぎる・・・。なんでそこまで冷静に、完璧にこなせてしまうのか?
特にエジルなんて、"アイスマン"と呼びたくなるほどの完璧ぶり。
スピード、テクニック、視野、そして選択。20歳と21歳の選手に、なぜこれほどまでに全ての要素が高次元に備わっているのか、疑問符の連続だった。
特にしびれたのはランニング・コースとパス出しのタイミング。しかもカンタンにとめて、なおかつ周囲が完全に見えている状態で、シュートないしはパス。
今回のドイツ代表は、ほんとうにクオリティの高いチームだ。
ポドルスキ以外は、ゴール前でも必ず周りが見えている(サブの連中は一段落ちるけど)。
ケディラがフリンクス級に活躍できれば、優勝の可能性はかなり高いだろうね。

イングランド代表は意地を見せたね。グループ・リーグでの苦戦を払拭する追い上げを見せた。
ああいう迫力が常に出せれば、次回大会は上位にいけるだろう(世代交代で苦しむだろうけど)。
判定は不運だったけど、クオリティでもドイツ代表の方が上に行くに相応しかったから仕方ないよ。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-06-28 01:04 | サッカー