逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

見る力

今回は洞察力の話ではなく、単純に見る力について

ひとが髪の毛を切る、その色を変える
ひとが太る、やせる
ひとがしんどそうにしている、なにかをたくらんでいる
ひとが・・・
特別、興味のない人間が相手でも、ボクはすぐに変化に気づくタイプだ
読み取ろうとしてではなく、一瞬の違和感がアラームを鳴らす
他人に対して興味のない社会
ボクも、その一員であるわけだが、興味がなくても、そういった"処理"は自動的にはたらく
だけど、しかし世の中にはそうでないひともいるらしい
普段、なかよくしているひとが相手でも、その変化に気づかな人間というのがいる
変化に対する知覚が、"興味"とは直接的には繋がっていないということなのだろうか?

あからさまな変化にも、ボクが指摘するまで、周囲のほとんどの人間が気づかない
彼らはいったい、どこの世界を生きているというのか?(こころは常に夢の国?)
それとも"記憶"が、ボクとはまったく違う形式で書き込まれていて、瞬時識別に劣るのか?
(ボクは過去をまったく思い返さないので、数年前までの記憶がすでに"映像として"ほとんどないが)

なにがなんだか、よくわからない
個体差にしたって、根幹差異が大きすぎる
ボクからすると"気づかなかった"というのは、冗談にしか聴こえないから
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-22 22:21 | 雑記・雑感