逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

日記を書く、人間の精度

日記を書く 言葉が踊る

あれ、またオレ同じこと書いているんじゃないか?

自分がどこで堂々巡りしているかを知る

変化していく部分、凝り固まっている部分 透明化、自覚化

立ち止まっているところを自覚し、がっかりするのは良いことだ

自覚なしの言葉にならない停滞ほど、ひとを疲れ、老いさせるものはない


日記を書いていない自分を想像する

おそろしくて、それだけで絶望に値する

きっと急速な時間の流れのなか、ただひたすら、焦燥の意味を知らず、朽ち果てていくだけだろう

心臓が悲鳴をあげる閉塞感も、言語化し、標本化する分には、意味が生まれる

人間は忘却の彼方に、人間であったことを置き去りにし、動物として死んでいく

朽ちるとはそのことで、句散ていくのだから


他人との価値観に永遠に交われない2線を感じるのは、ひょっとするとここに起因することかもしれない

精度の問題、ギミック、ことばに伏せられた意味の所在

メールやツィッターのようなタグのない断片かけ流しだけが主体の人間

それすらもしないひとたちとの接点 スラミングでしか交われない不毛な世界

不毛地帯にも重要なものは存在する けど(それだけじゃね)
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-07 11:44 | 雑記・雑感