逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

公平と公正のちがい

ベーシック・インカムの絡みで、ふと考える。

公平とは、バランスの取れた状態。強き者と弱き者がいれば、弱き者を支えてバランスをとるような。
公正とは、やった分だけが報われる競争保障世界。能力や生まれにダイレクトに応答するような。

ベーシック・インカムとは、公正さをひどく欠く、とても公平な案なのではあるまいか。
人間はダレしも、自分を中心に世界を考えるわけで、公正の条件を求める者、公平な社会を求める者、特権的地位を求める者などさまざまだ。
現在のこの国では、おそらく「公平な社会」を求める者がマジョリティとなっているのだろうが、公正(権利、権益保護)を求める者たちも黙ってはいられない。
だけど、「ゆるやかな社会」を考えたとき、やはりボクは「公平な社会」こそが相応しいと考える。
能力がある者たちは、その実力ゆえに弱き者を助けるという矜持を持った方がかっこいいし、生まれのみで権益をむさぼってきた無能者たる公正希求者たちは、いい加減そこから少し降りるべきだとも考える。だが、そこは個々人の自由とするところだから、強制まではする気にもなれないのだが。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-03-28 23:25 | 雑記・雑感