逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

魂の行方

ひさしぶりに立ち止まって話をしたカノジョは、突然、感情が抑えきれなくなったらしく、泣き出した

当惑するボク どうしたことだ?

今年に入って、ボクが常にイラついているようで、ひょっとすると自分が嫌われてしまったのではないか、とか色々と想像していたらしく、以前のボクに戻ってほしい、と涙したのだ

衝撃を受けた

カノジョの前では極力(イラつきを)ごまかしてきたつもりだったし、今年に入って、あまり長い時間カノジョに接していなかったので、まさか、だろと

ショックは、もちろん悪いショックではなかった

自分のことをここまで気にかけてくれる他人というのは、ほんとうに得がたいものだからだ

そのうえで情けなくもなった 自分よりもひと回りも年下の女の子に、ここまで心配させていたのか、と

流れた涙 降りそそぐ雨 見上げた空には かすかな太陽
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-01-11 18:30 | 日記