逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

彷徨える大人たち

街に溢れかえる迷子の群れ

自らの座標を見失った漂泊民たち

現在地を自らの精神にではなく、物質、権威によって保証しようとする者たち 物質主義者

そういった連中を、空疎な伽藍堂、とボクは言い続けてきたわけだが、現在はすこし心境が違う

いい歳した連中が、あまりにも幼稚で、はかなくて

ボクを、わたしだけを見て、と泣き叫んでいるこどもたちと、どこも変わらない

ひとは、どうしようもないことがあることに気づき、大人になり

自分では、どうにもならないことを知り、またこどもに戻るのだろう

現在を生きる人間たちの幼児化は、自力では踏破しきれない社会の壁に対する素直な態度なのだろう

空疎、とけなすよりも、あまりにも儚く、脆い彼らに対する憐れみの情

そのくらい、みんな自分に自信(自身)を失くしてしまっているのですね



愛を求める ただやみくもに

求める(固執する)者には与えられない 世の中の、大事なもののほとんどは

自分がまずそういった存在にならなければ、そういった人間も近寄ってこないし、離れていくよ
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-12-12 23:12 | 雑記・雑感