逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

月の、光の、話をすこし

無音のまま、夜空にひかれた飛行線
月明かりがなければ見落としていた、かすかなライン
風が追いかけた 蛇の這跡はかき消された

不思議な夜だ     夜はいつだって不思議だ
ボクのそれだけでは、全てを追いきるのは不可能だ
キミの知覚も貸してくれ ふたりで両サイドから見ないとな

色が消えて、新しい秩序の律動が顔を出す
亀裂から、ボクの眼を突き刺す光、イロ
脳の深いトコロに、チクリとサさるトゲ

集約される英智
陽の光だけではまとめきれない、エートス
月明かり、陰の光で仕上げ、隠し味

陰気な太陽人間、陽気な月下人間
どちらもウツロ、和合
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-10-01 19:03 | 雑記・雑感