逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

政府高官は何をつかんでいるのか?

世界的恐慌の様相を呈してきた豚インフルエンザ感染拡大だが、何かがおかしい
発生が発表された当初、拙速すぎるこの国の政府の対応にやきもきしていたのだが、
昨日、記事だけでなく、ひさしぶりにTVでもこの報を追ってみたら、そこには・・・

どうやら、この国の一部の政府高官たちは、何かを掴んでいるようだ
そして、それはマスゾエの示唆する"毒性のレベル"と"(メキシコ国内での)何かとの併発の可能性"
のことなのではないのか、と
今回の豚インフルエンザ 致死率は当初の7%からさらに上昇しそうな気配だが、その死亡者は
メキシコ国内のみに集中しており、海外ではまだ誰も死んでいない(※)という
タミフル不足や衛生面など、メキシコ医療の質の低さを指摘する声もあるが、どうにもそれだけでは
判然としない何かが、そこに介在しているのではないのか?
考えられるのは、やはり何かが混ざった"併発"である
実のところ、メキシコで豚インフルエンザ感染者が確認されたのは、3月のことだという話もある
とすると、この国の政府の異様な落ち着きの正体は、偶発的に起こった併発の把握か、それとも・・・?

追記:「季節性」と「豚」インフルエンザ、どちらを優先するかの話も昨日のTVで流れていた
発生当初はもちろん、「豚」の方に全力を注ごうとしていたようだが、ここにきて急に「季節性」の
方も無視しないようにとWHO、政府ともに同一の見解を示している
これはまるで「豚」の方の毒性の正味実態が、それほど大したことがないことの示唆なのではないか?
だとすると、やはりメキシコでのそれが、さらに胡散臭いモノである可能性が高まりそうだ

(※)メキシコ以外、アメリカで初めての感染死者が現れるも、それは幼児だったそうだ
毒性レベルが通常以上なのかどうかは、これではまだ判別しがたい
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-04-29 09:16 | ケイオス-フィリア