逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

比国人家族不法滞在問題についての雑感あれこれ

フィリピン国籍のカルデロンさん一家の強制退去処分について

そもそも"不法滞在"には、いったいどんな問題があるのか?
素性の知れない、なにをしでかすかわからないよそ者の流入の阻止 これだろう
では、カルデロンさんに一家については、どうだろうか

父親であるアランさんは、1992年に入国して早18年強
妻のサラさんが、翌年の1993年からで、こちらも17年強
ふたりはこの国で結婚し、すでに13歳になる娘さんをこの国でもうけ、この国の学校に通わせている
(小学校入学は無審査だったのか?)
で、2006年に不法滞在が発覚し、現在に至るわけである

偽装パスポートによる不法入国と不法就労(ただ働いているだけ)以外、特に目立った犯罪歴なし
さて、彼らの入国手段はたしかに違法だったわけだが、定着に至るまでの過程、および現在において、
はたして彼らは"不良"外国人だったのだろうか?
娘に至っては、日本生まれの日本育ち 日本語しか話せないという、国籍以外は日本のこどもたちと
なんら変わらない、ごく普通の中学生である(別にグレているというウワサも出てないよね)
となると、入国手段がマズかっただけで、別になんの問題もない外国人家族というだけの話である
それなら正規の手続き、審査をして、定住させれば良いだけである
なんせ、この国では"移民を1000万人受け入れる"なんて構想も昨年、自民党国家戦略本部から
ぶち上げられたくらいなのだから
だけど当たり前だが、そんな風にはいかない それはなぜか?

「元々が犯罪者(不法入国)なんだから、追い出せばおしまい」
「彼らを認めることによって、ほかの不法入国者たちが活気づいてしまう」
さまざまな"言い分"がネット上を飛びかっているが、これはあくまでも単なる"大義"言い分である
今回は(違反している)"法"を持ち出しているだけで、おおよその心境は、単に"外国人"がキライな
だけであるというのが、こういった発言をしている、ほとんどの人間の本心のはずである
"外国人"という未知の人種 わからない・知らない=怖いという原始的こころの働き これである

たしかに"密入国"には、犯罪の響きがある
危険を感じる人間を単なる無知(外国人に友人がいないだけ)とまで誹謗する気もない
だが生活に困窮して、やむをえず、この国に希望の光を見て流れてきた人間たちを、ただ"得体がしれない"からといって、最初から拒否してしまうという感覚も、はたしてどうなのだろうか?
あまりに否定的な言句が並ぶのを眺めていると、この国の国民の成熟度を疑ってしまうものである
(国民の高齢化に反比例するかのような幼児性・幼児化を最近、感じることが多くてならない)
未知に対する全体的興味の薄れは、国家の衰亡期をも予感させるものである

不法滞在の外国人たちには、返すべき国とやらがあるわけだが、日本の犯罪者たちにも、しかるべき土地があれば、島流しよろしく、この国から追い出したい _ここまでいうのなら、今回の問題に否定的な意見を述べているひとたちの主張にも、まだ聴くべきところを認めよう
だが、ネット上で見かける発言の多くは、単なる外国人拒否(忌避)の変質版がほとんどに映る
それはもうレイシズムの自己正当化版ですらあったりするのではないだろうか

そもそも人間とは、地球という星の表面に間借り(共存)しているだけの寄生虫にすぎない
それを人間同士のわずかな差異(人種、思想ほか)をもとに、勝手に線引きし、互いの領土とやらを
主張しあい、そのラインの位置を永続的に争い続けている
いったいなんなんだろうね、人間って
最も(論理的に)高等で(情動的に)愚劣な生物なんじゃないかな

追記:たぶん中学生の娘さんが、日本人好みのする美少女だったら、マスメディア&ネットの反応は
相当にちがうものになっていたであろうことは、容易すぎるくらい予想できる話なんだけどね

追記2:ドイツにおける失業者と外国人就労者の数がほぼ同じになった時期(正確な年代は忘れた)に
ネオナチが台頭し、外国人排斥の動きが生まれたこともありましたね
これに近い感情も現在のこの国には生まれているのかもしれませんね
たしかにコンビニなどでもアジア系のアルバイトが増え、コミュニケーションの不調から、日本人の
バイトなら良いのに、なんて思うこともありますが、そういう"余裕のなさ"をあまり声高々には主張したくないな、と考えるのが大人としての在り様なのではないでしょうか
そもそも根本的な論点にまちがいがある考え方でもあるのだから(就労と排斥の単純相関には)

追記3:関連スレッドを読み漁ってみると、ほとんどが否定的な意見ばかり
いったい何がこの国の人間たちをここまで余裕のない状況に追いやってしまったのだろうか?
日ごろの鬱屈の対象のすり替え 弱い者たちが夕暮れなんとかである
以前までは、こういった人間たちに嫌悪を感じたものですが、ここまでくると、なにやら物悲しい
気分にすらなってきますね まさに夕刻(憂国)ってやつですよ
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-03-10 20:16 | ニュース