逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

底抜け岡田ジャパン

わざわざボクが指摘するまでもないことだが、岡田ジャパンには明白な穴がある
そう、中盤に底がないのだ
オシム・ジャパンでいうところの鈴木啓太がいないのである
もちろん、人材がいないわけではない
鈴木のパフォーマンスが戻らなくても、今野(岡田の愛弟子)であったりがいるのだから
では、なぜ中盤に底を付けないのか?

岡田には攻撃のアイデアが少ない
だから攻撃的選手を多く配置することによって、勝手に上手いことやってくれ、と投げているのだろう
対アジアなら、戦艦大和よろしく、守備力を度外視しても戦えるという甘い考えから
結果は周知のとおりである
土台のない攻撃は、大したことのないカウンターにも、簡単にヒビ割れを起こし、あたふた
それによって、攻撃自体にも圧力が欠けるという悪循環に陥っている

アジアを攻撃だけで楽に勝ちきろう 圧倒しようなんてのは、もはや現実的な思考とはいえない
そもそも攻撃手を増やしすぎると、責任の所在(フィニッシュ)のなすりつけ合いになるのが、この国の選手たちの特性なのだから、あまりアタッカー・タイプばかりを並べるべきではない

守備力のあまりないセンターハーフを2枚並べると、センターバックも高い位置をキープできない
結果、あいだにスペースが生まれる
啓太のような、バックが上がれば、裏も守れる選手がいれば、ノーマークで上がっていける選手も増え、攻撃自体も活性化するだろう
攻撃の駒ばかりを並べることが、攻撃力に直結するわけじゃないということだ

センターバックも中澤と寺田ではなく、阿部だったり、水本を使えよ
闘莉王がいれば、彼で良いけど、いないときのこと考えれば、タワー&タワーでは話にならん

追記:現在の岡田ジャパンでの理想フォーメーション

             (巻)   
     大久保   達也    岡崎
        遠藤    中村(俊or憲)
            今野
 長友(駒野)                内田
       阿部(闘莉王) 中澤
            川口(西川)


やっぱ今野では、まだ有機的に機能する底はムリか?(鍛えれば良いだけだが)
もういい加減、啓太も戻そうや              
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-01-29 19:32 | サッカー